FC2ブログ
先生のコンサート
今日は、バイオリンの先生のコンサートの日である。
コンサートのパンフレットをもらったときに、会場をチェックしたら、「岩間市民プラザ」である。

えっ? 岩間市?? 聞いたことないよ~、何県?

と、思ってあせったが、横浜の天王町駅の近くだった ^^;

プラザには駐車場がないらしいので、近くまで行って、駐車場を探す。
すぐに見つかったところに入れたが、15分100円である。ちょっと高いなぁ~と思いながら、まあ仕方ないかと目的地に行こうとすると、さらに近くにもう一つ駐車場が見えてきて、そっちは20分100円である!!
コンサートの時間を考えると、100円無駄にしても入れ替えたほうがいいと、戻って車を出すと、まだロックは上がっていなかったので、ラッキーであった。

コンサート会場に着いて、ホールは、3Fと4Fにあるけど、案内板に名前がないぞ?

同じパンフレットを持っていた老夫婦が場所が分からないと電話をかけに行こうとしていたが、4Fのホールにムジークターゲとなっていて、確かパンフレットに主催がその名前になっていたような・・・と、「4Fみたいですよ」と声を掛ける。

エレベータの前に近日開催のイベント案内が出ていたが、その中に「ファゴットとチェロのためのソナタ」ってのがあった。

実は、バイオリンを始めようと思ったのは、N先生の還暦祝いに駆けつけたN先生の友人、レベッカ・ラストさんのチェロでバッハの無伴奏ソナタを聞いたことが一つのきっかけで、彼女の夫は(N先生の還暦祝いは都合で来ていなかったけど)ファゴット吹きだったはずだなぁ~

と、考えながらパンフレットをみると、

レベッカ・ラストさん、その人ではないか!

しかし、時期が悪い。
5月29日(月)の15:00開演である。平日のこの時間にどんな人がくるのだろう?

それはともかく、4Fに上がり、受付を済ませて、いざ、会場に入ろうとしたらホールへの扉が引いても押しても動かない。

あれ?まだ開場時間になっていないからか?

もう少しロビーで待っていよう・・・

と思ったら、さっきの男性が「開いてますよ」と入っていった。ただ、ドアが開きにくかっただけらしい(優男、金と力はなかりけり ^^;)

先生のコンサートの題目

A.ドヴォルザーク:4つのロマンティックな小品 Op.75
 1.Allegro moderato
 2.Allegro maestoso
 3.Allegro appassionato
 4.Larghetto

ロマンチックである。小品はいつか自分でも出来そうな感じでいいよね。

J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番ト短調BWV1001
 1.Adagio
 2.Fuga.Allegro

無伴奏であるから、ピアノの人は下がって、先生一人で弾く。バッハの無伴奏は、一人で複数の旋律を同時に弾くのであるが、とても難しそう・・・でも、いつかは弾きたいものだ(というか、マンドリンでは一部パルティータの簡単なところだけ試しているが)

T.A.ヴィタリ:シャコンヌ

これ、私の持っている名曲選に入っていて、今やっているクライスラーの「プレリュードとアレグロ」をはじめるときに一瞬これもいいかと思ったけれど、楽譜を見て長いのと、あまりに難しそうなのでやめたのだった。すごい曲である。どう考えてもとても無理だった(笑)

C.A.フランク:ヴァイオリンソナタ イ長調
 1.Allegretto ben moderato
 2.Allegro
 3.Recitativo-Fantasia
 4.Allegretto poco mosso

1番と4番は聞いたことがある。きれいな曲だね。

アンコール

モーツアルト:アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク
フォスター:金髪のジェニー?

このところ、毎夜2~3時くらいまで起きている生活をしていたので、静かな曲は正直辛いものがあった(^^;)が、先生の演奏、とても楽しめた。
スポンサーサイト

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/05/21 23:41 】 | コンサート | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |