FC2ブログ
インレイ加工続き
アワビの殻を砥石でガンガン研いでいくと、鋭い断面で指先を傷つけまくることになる。同じようにアワビでインレイする人は気を付けよう・・・そんな奴、世の中に二人くらいしかいないって?(^^;)

いくつかのアワビの板ができたら、マンタのテンプレートに合わせてサインペンで切り出しのマーキングを行い、ルーターのビットで切り出す。(ジュエリーソーなんかを使えばいいのだろうが、そんなものはないので、ルーターでガンガン削ってしまう 笑)

貝の削り粉は毒らしいので(本当かな?まぁ、こんなの吸っていいことあるとは思えないが)、掃除機で削りかすを吸い込みながら削る。が、気を抜くと削っている最中の部品まで吸い込まれてしまう ^^;

アワビ切り出し中


こうやって切り出したパーツを並べながら大きさを確認する。

インレイパーツ確認


パーツが出来たところで、マンドリンの上に並べてみよう(早く完成形が見たいという、我慢のなさ・・・)

実は、これ、パーツにボンドをつけてくっつけている。その上で、キャビティ用の削りマークをマンドリンに書き込んでいくのである。

インレイ確認


うん、悪くない(自己満足)

ということで、次はマンドリンへのインレイキャビティ彫りだしである。インレイキャビティで問題になるのは、キャビティの深さである。これが貝より深いとNGだし、浅すぎると結果としてうす~いインレイを作ることになり、色の深みが不足する。

フラットマンドリンのヘッドはなぜかメイプルの上に薄いローズウッドかエボニーの板が貼り付けられているが、今回のキットでは、これが思いっきり薄い板(多分0.5mmくらい)なので、この板が完全に剥がれるまで彫れば良さそうである。

なんて、親切なキットなんだ(爆)

ところで、STEWMACのキットの当て板は2~3mmくらいの厚さがあり、インレイキャビティを彫っても下のメイプルにはたどり着かないので、下地の色を気にせずにインレイが可能(なはず)

インレイキャビティ



キャビティ彫りは下のメイプルが出るまでとしたことで、ずいぶん簡単になったので、作業がはかどる。

さて、キャビティが出来たところで、現物あわせで貝を並べてみよう。

インレイ仮置き


よしよし、わりと感じよく仕上がりそうだ。(多少の隙間は見なかったことにしよう)


マンドリン持ち歩きのために、ケースが欲しいよねぇと、ケースを作るために長い(1m)のファスナーを何本か通販で発注した。
が、発注してから、ファスナーは縫い付けないと使えないじゃん!ということに、突如気がつく。
・・・裁縫苦手である。ファスナーでなく、マジックテープやカンヌキのようなものでとめることにしておけばよかった・・
スポンサーサイト

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/05/08 23:26 】 | マンドリン | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |