FC2ブログ
秘技:ねじ山潰し
一子相伝門外不出の技であるが、かつて、どれほどのネジたちが私に挑み、己の非力を嘆きながら世を去っていったことか・・・

バイオリンの歴史は古く、その頃の楽器にはネジは使われていなかったので、今まで技を披露する場はなかった。

が、フラットマンドリンにはハードウェアパーツにネジが多用されている。彼らネジたちは無謀にも私に挑もうというのか・・

ノミ、糸鋸、ヤスリなどさまざまな道具達を駆使して、裏板の余剰部分を削り、形になったマンドリンであるが、パーツを上に載せて眺めてみよう。

マンドリンセットアップ前


眺めているだけでは、面白くないので、ホワイト状態で仮組みのセットアップをしてみる。

マンドリン仮組み


仮組みだから、全部のネジをつける必要はなく、マシンヘッドも最低限のネジだけで止めている。

が、これだけ少ないネジでとめたにもかかわらず、このマンドリンのネジたち、私に挑みかかるのである・・・秘技を駆使し、いくつかのネジを葬り去ったのは言うまでもない・・^^;

とまぁ、仕方ないではないか、世は無常、形あるものは崩れ逝くのみである。

さて、実は、セットアップして思い出したのだが、私はマンドリン弾くのはおよそ30年ぶりである。最後に弾いたのは、15の夏であった・・・

マンドリンは鼈甲のピックで弾くのであるが、持ち合わせなどあるわけがなく、ギター用のプラスチックのピックを用いてみる。鼈甲よりも柔らかいので、音色が曇るかもしれないが、とりあえずはこんなものだろう。

が、思ったよりも、弦のテンションはきつく、かつ、30年も経つと出来ていたはずのトレモロも全然思うようには動かない。それでも、楽譜に合わせて正しいフレットを押さえさえすれば一応正しい音階がでるのはありがたい(これができないのだが・・・^^;)

30年ぶりの演奏をとりあえず録音してみることにしよう。

ホワイトマンドリンの音

仮組み、かつ、練習不足のままなので、酷い演奏なのは言うまでもない、真の勇者以外は決して聞いてはならない。

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/05/06 19:41 】 | マンドリン | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
セットアップと音だし
今日は、半日かけて、cherryのセットアップをして、音だしまで持っていった。
まだ、ニスは柔らかく、指で押すと指紋が付くので、セットアップは慎重さが要求される(・・・苦手だ)

昨夜作った治具で駒の底面をバイオリンのカーブに合わせて削った後、駒の前面をノミで整えていく。

駒削り


完成したcherryの駒(セットアップ後)

cherry駒


cherry全景
cherry表

cherry裏


とりあえず、まだ本格的に弾くにはニスの状態がやばいので、音階だけさっと録音してみた。

これがcherryの音(20060505)

比較のために、kityの音も一緒に録音する。

これがkityの音(20060505)

今までの録音と違い、マイクから約1m離れたところで弾いている。(今まではマイクまで50cm程度の極近距離だった)

cherryは高音に伸びのある気持ちよい音色である。kityは「G線とD線がよく響きますね」(暗にA線とE線は響かない?)といった先生の言葉がよみがえり、kityの駒もやはり作り直さないとだめかと考えるが、駒作りは結構作業量が多いので、一朝一夕には作れないよなぁ・・

追記:cherryのホワイトバイオリンを購入したDecor MusicのMs. Lilyが写真があれば見たいというので、ここにあげた2枚の全景写真を送った。早速返事がきて、

I see the photos of your violin, Woooaa.. it is beautiful. You did good job on it.

Enjoy your new violin.

ということであった。ショップだからけなすわけないが、それでも、ほめられるのは嬉しいものだ♪

追記2:高音部で針金の音のkityであるが、駒からダイレクトに音がつながりすぎる可能性があると考え、魂柱を少し(1~2mmほど)後に下げてみた。

魂柱を下げたkityの音(20060507)

低いほうの音は変わらないがE線の高音部で少し音につやが出た(気がする^^;)

でも、まだcherryに及ばない・・・
実は、kityの魂柱、下側は逆バンクの状態で、片足で付いている(^^;)_本来、ちゃんとすり合わせが必要なのだが、一度取り出すと立てるのが大変なため、そのままほったらかしにしている。こういった、小さな雑な部分の積み重ねが音に効いてくるのかも?
大きな違いとしては、指板の材質がある。cherryはエボニーであるが、kityは黒塗りメイプルなので、ここも少し気になるなぁ・・

でも、あくまでもkityは習作であり、これのパーツを取り替えるというのは、6800円キットを調整するという趣旨に反するではないか、と、理屈をつけて買い物はしないのだ(笑)




マンドリンは、昨夜、裏板をスプールクランプで止めて膠で接着した。


マンドリンクランプ



今日は、はみ出した裏板を削り取ればセットアップできるかと、ノミでガシガシ裏板のはみ出し部分を削っていたら、「バキッ」といやな音がして、裏板の膠が半分くらい剥がれてしまった~~~~!!!!
げげ、また、膠からやり直しである。
(スゴロクでいうと、3マス戻るであろうか・・)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/05/05 21:48 】 | バイオリン製作(cherry) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
膠とたわむる
作成中のマンドリン、ライニングはマンドリンらしくないバイオリンタイプを用いている。表板はもともと接着済みであるが、ライニングをきちんとテーパー取って削りだしてあったり、案外と芸が細かい。

裏板を接続するライニングも同じようにバイオリンタイプであり、これに膠をつけて接着する。

ライニング接着


懸案となっていたバスバーとトレブルバーであるが、一応、キットに両方スプルースのものがついているので、それを尊重し(笑)、両方取り付けることにする。
取り付けの場所はプランを参考にしてもいいのだが、そもそも、これらのバーが何の役割を果たしているかと考えると、妥当な位置は大体決まってくるものだ。

高さやシェープは膠が乾いてから削りだすことになるので、表板に接着する側のカーブだけ表板にあわせ削る。

バスバー削り


二本のバーをネック側から見るとこんな感じである。

2本のバー


膠をつけて、クランプでとめる。

バークランプ



膠とかニスとか、スゴロクでいうと、「一回休み」のような作業が多く(^^;)、思うようには進まないものだ。
(しかも、膠なんて、つけたと思っていても、乾くとNGだったりするし・・)

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/05/04 19:36 】 | マンドリン | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
糸巻きの調整(続き)
糸巻きを作り直し、再度、糸巻き調整の続きである。

糸巻き削り


グラインダーで糸巻きの長さをヘッドに合わせて短く削る。

糸巻き調整後



写真はないが、この後、弦を通す穴を各糸巻きに空ける。この穴あけはグラインダーに付属していた簡易ルーターを用いるつもりだったが、簡易ルーターのビットはドリルの歯とあわなかったので、結局ボール盤にアタッチメントを追加して使うことになった。

糸巻きが出来たら、お次は駒の調整になるのだが、駒を調整するための治具を作成しておこう。

駒調整治具


100均のダイソーで買った木製タイル2枚に穴を空け、同じくダイソーで買った工作材を切った取っ手を接着する。

このタイルの間に駒を挟み、駒の垂直を保ちながら駒の足をサンドペーパーで削っていく予定である。

治具の接着が完成するのは、明日になるので、今日の作業はここまで。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/05/04 19:26 】 | バイオリン製作(cherry) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ネックヒールの当て板切り出し
膠をつけた状態ではネックの打ち込みが思った位置まで行かず、ヒール部分と裏板に隙間があきそうになったマンドリンキットであるが、隙間にぴったり収まる当て木を作る。

当初、エボニーで作ろうと考えたが、硬く加工の難しいエボニーで0.5mm厚程度の微妙な板を切り出すのは私の技術ではできそうもなかったので、シナ材で板を作ることにする。

まずは、ノミとスクレーパーと彫刻刀を用いて、隙間ぴったりの板を作る。

ヒールあて木


次に、この当て木をオイルステインで着色する。

ステイン着色


後は、こいつを膠でネックヒールに接着するだけだ。

バスバー・トレブルバーを新アイデアで試す件はまだ解決しておらず、悩みは深い。

そもそも、仕様どおりに作成したらどんな音になるのか知らないのだから、まずは仕様どおりに作るべきという内なる声と、人と違ったことをしてみたいという内なる声の格闘となっているが、そろそろ結論をださなくては・・

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/05/04 00:20 】 | マンドリン | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ペグの調整
今日は、cherryのペグ穴とペグの調整をしてみた。
ペグ穴を空け、それにあわせてペグを削るのであるが、ペグの削りは中々難物である。4本のペグの削りを終えて、とりあえず、ペグ穴にさして様子を確認する。

cherryペグ調整


えっ?何かおかしい?

・・・

というわけで、押入れのキットへの着手は少し先延ばしになりそうである ^^;

あって良かった、もう一台(と何かの標語のようだ)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/05/03 22:36 】 | バイオリン製作(cherry) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ネックの取り付け
角度の測定にめどが付いたところで、ネックの取り付けである。
まずは、ドライランということで、膠をつけずにネックを打ち込んだときに、思った角度になるかどうかを確認。

角度チェック


マンドリンを平面上(テーブルの上)に置いて、ネックの根元の高さを計り、そこから20cm先のネックの高さが根元より2cm低くなることを確認するのだ。
微妙にずれたりするのだが(というか、5.5°だったらぴったり1/10ではないし・・)、細かなことはとりあえず置いておく。

ほぼOKとなったら、膠をつけて打ち込みなおす。(ドライランで問題ないと思ってても、膠をつけると中々思ったところに収まらない)
何度か、ハンマーで叩いたり、手でずらしたりしながら我慢できるレベルに持っていく。
(実は、ネックの底が裏板と平面になっていないのが気に入らないのだが、ドライランの時にうまくいっていたのに、どうしても収まらなかった。裏板を張るときには薄い継ぎ板をつけることになりそう。

次に、ネックの根元に木釘を打ち込むのであるが、そんなものはキットには入っていないので、丸棒を削って作るのだ。

追記:実は、パーツセットを確認したら、木釘もちゃんと入っていた。出来の悪いキットにならされていて、当然入っていないものだと思い込んでいたのだ。

木釘作成


ボール盤に丸棒を取り付け、スクレーパーで削る。木屑が飛び散るので、下には100均で買ったPP版をひき木屑を受ける。

出来上がった木釘をネックの根元に膠付けする。

木釘ドライラン

木釘膠付け


ネックが付くと一気にマンドリンらしくなってきた。裏板つけずにオープンバンジョーみたいなオープンマンドリンを作ってもいいか? 笑

しかし、ここまで作って思ったのだが、このマンドリン、やたらとトップヘビーである。裏板つけると違うのかもしれないが、このままでは演奏時にヘッドが下がり気味になってしまいそう。(そもそも、このマンドリン、何でこんなにネック太くて重いのだろう?ラウンドマンドリンのネックはずっと細く軽かったんだけどなぁ・・)

ところで、木釘の件の続きだが、。パーツセットを広げると必要なものが全部入っていることがわかる。また、木釘をガイドにネックを取り付ければ、自動的に角度が合うようにしっかりと調整がなされていて、本当の意味の(^^;)親切キットであった。

マンドリンパーツ

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/05/02 22:31 】 | マンドリン | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
5.5度
マンドリンの裏板の削りは何となくこんなものかという程度になってきた。

裏板シェープ


実は、バイオリンのように箱を先に作るのかと思って、裏板の削りをやっていたのだが、よく本を読むと、裏板をつける前に、ネックの取り付けをするようだ(^^;)

ということで、プランを取り出し、取り付けの検討をする。

作成中のマンドリンはキットであり、ネックの取り付け部分は加工済みだ。が、今まで散々キットで痛い目にあった私はそんなことには安心しない。

プランを確認すると、取り付け角度は5.5度となっている・・・5.5度である・・・間違いない・・
こんな精度で取り付けるのか・・・ 
と、ここでへこんでいたら楽器などは完成しない。

気を取り直して、ネックの現状をチェックしてみよう。
とするが、ネックとホゾ溝はきつくて途中までしか入らない。残りあと3mm程度なので、ハンマーで打ち込めば入るか?

と、先日ちょうど買っていたプラスチックハンマーで打ち込む(マホガニーが割れないことを祈りつつ)

ネック打ち込み


角度はどうかと見てみるが・・

ネック角度チェック


分度器すら持たない私にチェックの手段などあるわけがない(笑)

ここであきらめたら、仕方がないので、角度を確認する方法を考えてみる。簡単なのは、ある距離進んだらどれだけネックが下がったかを計れば良さそうである。これならtan(5.5°)を計算すればいいはず。
ということで、早速、パソコンの電卓を開き、計算すると、

tan(5.5)


ん?これって、約1/10の傾斜ってことか?

なぁんだ、そうなら最初からそうと書いてくれればいいのに。

ということで、角度の測り方は解決(まだ計ってないけど)。

あとは、ハンマーで打ち込むなんて方法で取り付ける精度でいいのだろうかという疑問が残っているのだが・・

マンドリンの製作は資料が少なく、製作本も知っている限り2冊しか出ておらず、その2冊は同じ人物が書いているので、違う視点からの資料というのがないのだ。だから、プランの図と本と、バイオリン製作の知識を元に適当にブレンドしながら自分のスタイルを作っているが、出てくる音はどうなることやら・・

今のマンドリンの表板のスプルースはバイオリン用に比べて信じられないほど硬いので、もしかしたら、トレブルバーは不要かも?と思っていて、バスバーだけで製作してみるつもりである。
(裏板にはバインディングをせず、問題があったら、簡単に板を開けられるように作るつもり)




本日のcherryは指板のクランプを外しただけで、作業はしていない。

指板を取り付けるとバイオリンらしく見えるね~

cherry指板取り付け

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/05/02 20:20 】 | マンドリン | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
一瞬たりとも気を抜いてはいけない・・・
昨夜、指板を取り付けたcherryだが、ネックは元々指板よりも若干大きめに作られていて、これをノミで削って調整する。

ノミで削る


この作業、本当は、最初に指板を仮接着したときにしておけばよかったのだが、仮接着された指板は若干斜めについていたので、外してから再度仮接着しなおす手間を惜しんだのであった。

でも、この手順だと、ネックの付け根の塗装はどうしても削り落とされる。(もっとも、市販のバイオリンでも、ネック付け根の塗装は削り落とされているものもあったので、これでもいいのかも?)

ネックの膠接着時に、少し布の後がついたので、これを消すために、素手でこする。
(まだ塗装が乾ききっていない柔らかい状態なので、多少の傷は手でこすると消えてしまう。そこで、何もつけずに手が表面に吸い付く感じになるまでひたすらこするのである)

手でこする


この手法は、やはり名前をつけて、世間に広めなくてはいけまい。

簡単に言うと、「手パフによる鏡面仕上げ」であるから、
Mirror Finishing with Hand Puff (MFHP)
となる。

が、あまり語呂がよくないので、単純に手パフでいいかも?^^;

それはともかく、ニスが柔らかいうちに、(というのは、1~2週間のうちということだが)出来るだけ手パフで鏡面状に仕上げておきたいものだ。

と、午前中かけて、手パフで鏡面を作っていたのだが、ふと、
「指板とネック、隙間が空いてる?」
と、気がつかなくてもよいものに気が付いてしまった。
が、しばらくは、気がつかないふりをして、作業を続けたが、一度気がつくとどうしても気になり、
膠を水で柔らかくしてクランプで締めればいいか?
と、クランプの位置を調整しながら色々と試すが直らない。

何度か戦った後、あきらめて指板を剥がすことにした。

膠だから簡単にはがれるかというと、そんなに話は簡単ではなく、時間をかけて水を隙間から流し込み、パテナイフを差し込むがかなり手ごわい。

そこで、パテナイフを暖めればいいかと、ナイフの端にヘヤーアイロンを当てながら作業するが、これでもまだまだである。

ええい、ままよ、と、今度はアイロンの登場である。指板の上からアイロンをあて、指板全体を暖める。

アイロンたち


そうしておいて、パテナイフをアイロンで暖めながら差し入れていく・・・・ヘヤーアイロンより高温だからである。

すると、しばらくすると、バイオリンの肩の辺りの塗装がぶつぶつとあわ立ってきた!

げげ、アイロンの放射熱で表板の樹脂が出てきたんだ。この部分の塗装は補修しなくてはなるまい。

一手間節約しようと策を講じたために、補修項目を一つ増やしてしまった・・・T_T

傷だらけになりながらも指板をはがし、定規で色々とチェックしてみると、どうやら、指板の裏の平面出しをするためにサンドペーパー上で削った作業で裏を平面でなく、凸にしてしまったことが原因らしい。

原因が分かれば、対策は簡単である(はずだ)

早速、スクレーパーで指板の裏を調整し、今度こそはと取り付ける。

ネックの付け根あたりは強く押さえないと隙間が閉じないので、ネックの中央だけでなく、ボタン部分にも当て木を当ててクランプする。

膠が乾くまでクランプしたまま置いておくので、練習したり、色々な用事をしたりして過ごしていたら、あるとき、ガチャンとcherryのクランプが外れて落ちてしまうではないか。

えっ?と思い、確認したら、あて木を当てたボタン部分の塗装が圧力に負けてずれてクランプが外れたのだった。

ということで、さらに補修箇所が増えてしまった ;_;

しかも、今度の補修はニスの深いところまで行う必要がある。
実は、cherryは色を変えた数種類のニスで塗っているため、深い傷が付いたときには同じ順序でニスを塗らないと他の部分との調和が取れないのだ。

でも、今回はボタン部分だし~、多少の不調和は杢と見間違えるだけで済むかもしれない・・・(な、わけないか)

傷がついた瞬間の酷い画像はないが、数度紫根ニスを塗ったボタンの様子は写真に残した。

ボタンの傷


何事も、細心の注意を払い、一瞬たりとも気を抜かず、丁寧な作業と確認が必要・・・・ということを、人生で何度学べば実践できるのだろう ^^;

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/05/01 20:30 】 | バイオリン製作(cherry) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
前ページ | ホーム |