FC2ブログ
ニスを塗られたkity
ニスを塗られたkityはニス塗り前のkityと音響的にどれだけ変わったのだろうと、例によって、A線開放弦の周波数解析と、スケール演奏による音の比較をしてみる。

まず、今回取得したkityのA線開放弦の周波数特性である。

kity-0412-A線FFT


これを前に取得したニス塗り前の特性と比べてみよう。

kity-fft


大きな特徴として、2倍音のレベルが極端に上がっていることがあげられる。あと、3KHzくらいのピークが下がっていることと、10KHz程度の高い音域のレベルが上がり気味である。

前の特性の方がストラドには近かったが、ニスを塗ることで2倍音が出やすくなったのだろうか・・

まだ、ニスは乾いておらず、これから一ヶ月は状態が変わるだろうから、判定はその後にゆだねる必要があるだろうね。

次に音の比較である。

これがニス塗り後のkityの音階である

こちらはニス塗り前のkityの音階である

不思議なことに、周波数特性がこんなに違うのに、音のキャラクターとしては良く似ているように聴こえる。

音のキャラクターを決めるポイントがどこにあるのかを探さなくては・・・


クラドニ法の代わりとなる板励起システムであるが、出張でなんだかくたびれて帰って来たので、しばらくほったらかしにしておこう・・^^;
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/04/12 20:43 】 | バイオリン製作(kity) | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |