FC2ブログ
二週間ぶりのレッスン
今日は2週間ぶりにバイオリンのレッスンだった。
そこで、本来のブログの趣旨に戻り、レッスンの話を書こう。

月に2回なので、間は結構空いて、その間、教わったことは徐々に頭から抜けていくので、効率はあまりよくないのかも?

今やっているのは、エチュード系の練習曲としては
SEVCIK OP1.P1のNo.4の5段目の4小節とNo.13の6段目の2小節、それに音階と和音の基礎練習である。

色々と問題が山積みで1年以上やっている割にほとんど進んでいかないのだ(笑)

音程がきちんと取れていないのは常々注意されているのであるが、スケール練習などでの音程に自信がないのは自分でも認識している。
実は、音程が取れないというよりは、楽譜だけからでは音が想像できないのである。指板の大体の指位置は理解しているのだが、音を探るといっても本来の音を想像できないので、不安定さはここからくるのだ。

だからといって、無策のまま望むのもいけないのであるが、音程を合わせるため、MIDIデータを打ち込みガイド音源を作るよりも楽しいことは山ほどあるのであった^^;

和音も問題である。和音になると、なぜか右手に異様に力が入り、がりがりいうくせに、和音の音が全部出ないことが多い。
さらに、和音の指位置がこれまた怪しく、きちんと音程が取れていない。

と、基礎練習の不足は明白であり、この改良は急務であるのであるのは、分かっちゃいるけどできないのである。

さて、曲の方は、長いこと続けているクライスラー:前奏曲とアレグロである。最初の部分を前回に一旦OKとして、次の16分音符がひたすら並ぶところに入っている。ここの和音も基礎演習の和音と同様に問題であり、特に和音で移弦するときに、出にくい音が多いこと(E・A線の和音からD・G線の和音に移るとG線がほとんど発音されてない)と、和音の音程に注意される。

指の形は大体出来てきたので、後はゆっくりと音程に注意しながら正確に弾くことを心がけるのみなのだが・・・

これは、自分の楽しみのためのものであり、締め切りがあるわけではないので、先生が飽きない程度に進捗を保てればいいのであるが、パールマンのCDのように弾けるのはいつの日なのか・・笑

話は変わって、昨夜、eagleの駒を少し削っておいた。前回のレッスン以来、色々と変更を加えてきたkityと共に先生に意見を聞いてみる。

kityであるが、だいぶ発音はよくなったはずだが、まだE線の音がこもる感じということだ。魂柱の位置(kityの場合、駒の位置)調整で変わる範囲なのか、板の削りを必要とするのかは自分で聞いても良く分からない。

また、駒を削ったeagleであるが、「前はE線がもっと出ていたのに、おとなしくなりましたね」だと~~
げげ、削りすぎて剛性が不足したのか?

削りすぎはまずい。元には戻らないもの・・

駒は、最悪買い換えるという手段が取れるものの、この評価にはがっかりだ。


例によって、先生にお願いし、現状のkityとeagleを弾いて音を録音させてもらった。

先生が来て、ウォームアップの時間もなく、すぐに弾いてもらったが、いやな顔もせず快く引き受けてくれた。

これが先生の弾くkityの音(3/12)


これが先生の弾くeagleの音(3/12)

参考のために前回のレッスンの時に同様に録音させてもらった音も聞いてみよう。

これが先生の弾くkityの音(2/26)


これが先生の弾くeagleの音(2/26)

3/12版はkityもeagleも私的には差があまり分からない。eagleのG線からA線まではDominantであり、kityは全弦キットについてきた安物弦であることを考えると、本当によく鳴いているような気がする。
eagle同士の比較では、やはり、2/26のeagleの方がパワーが感じられ、駒の削りは失敗だったか・・

問題は、E線がこもった感じというkityであるが、自分では聞いていても弾いてもあまり認識できなかったので、感知できない差を調整するのは難しい~
(似た様なことは、前に自動車のエンジニアと話したことがあって、彼らは評価ドライバーの感性的な言葉を技術内容に落とし込むのに苦労しているそうだ)
続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/03/12 20:11 】 | バイオリンレッスン | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |