FC2ブログ
彫りを深くせよ
最近、ここは何のブログだかよく分からなくなっているが、基本に帰ると、あくまでもレイトスターターである私のバイオリンレッスンと練習のブログである・・・(本当か?)

さて、ということで、今回もバイオリン製作の話題である(ぉい!)

菊田さんのバイオリンのフォルムはカーブとエッジの処理が美しい

それに比べて、kityのカーブとエッジは、彫りが浅く、日本人顔である。(いや、日本人顔が悪いわけではないですが・・)

kitのエッジ掘り込み前


このエッジの彫り込みはもしかしたら音に影響があるかもしれない。というのは、パーフリングの後にノミでエッジの彫り込みをするので、彫りが浅いということは、エッジ部分の木が厚すぎる可能性があるのである。

ということで、彫刻刀を使って、エッジの彫り込みにトライする。
(良い子はまねしてはいけません)

kity彫り込み


彫り込みの結果は・・・見てもよく分からないですね~~

kity彫り込み後


こんなんだから、音も聞いてもほとんど違いは分からなかった(笑)

本格的に彫り込みを行うには、パーフリングがどこまで入っているかが分からないと少し怖く、恐る恐る軽くしか彫り込みをしていないから無理もないが・・

一応、彫り込み後の音も例によって録音しているが、自分で近くで聞いても分からないのだ・・ 笑

彫り込み前の音

彫り込み後の音


実は、バイオリンには裏と表がある(当たり前だ)が、彫り込みの実験は表しかしていない。
というのは、裏の楓は堅く大変だからである 笑

使った工具は
・ダイソー製彫刻刀(丸刀と4本セット)
・ダイソー製紙やすり(180)
である。
スポンサーサイト



テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/03/11 12:37 】 | バイオリン製作(kity) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
エレキマンドリン
モハーさんのところで、マンドリンを販売しているサイトを教えてもらい、実はエピフォンから8弦のエレキマンドリンが出ていることが分かった。

今まで、エレキマンドリンはいくつか見たことがあったが、みんな4弦のものであり、触手が動かなかったのであるが、これは8弦である。

しかも!エピフォンである。しかも、これ、3万を切る値段である
(エピフォンは、ギブソンと並ぶアコースティック楽器のメーカーだったが、ギブソンに吸収され、今はギブソンの安売りブランドみたいな位置づけになっている)

Epiphone Mandobird-VIII/Vintage Sunburst

う~~~~~~ん、マンドリンキットが完成するまでの間や、バイオリンが弾けない夜のお遊びのために、買ってもいいかなぁ~~~
(あれ、エレキバイオリンあったんじゃ?という突っ込みが・・・)





やはり、ここは

バイオリン初心者がエレキマンドリンを手にしたほうがいい5つの理由

を、整理して、理論武装しておこう・・・
(ぉい、買う気になっているのか・・・)


  1. バイオリンとマンドリンの弦のチューニングは同じであり、同じ曲が弾ける
  2. 顎に挟んで弾く代わりに、ギターのように構えて弾くので、弾く体勢に気を使わず曲に専念できる
  3. 指板にはフレットが付いており、押さえる場所が明らかであり、音程は安定している
  4. 右手はピックで弾くだけなので、右手への注意はあまりいらない
  5. エレキであれば、音は小さく、夜しか練習できない大人でも心置きなく練習できる


とまぁ、これだけの利点があり、バイオリンの譜読みの時にあらかじめ音程や運指、リズムなどを確認すると、とっても便利で、お得なのである。

ほら、私ならずとも、欲しくなるでしょう? ^^;

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/03/11 00:40 】 | マンドリン | コメント(5) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |