FC2ブログ
駒を削った効果 調整前・調整後
今日は、東京出張だったのだが、これから職場に出ても仕方のないくらいの時間になったので、午後直帰し、駒を削った後の音を録音してみた。

こちらが削る前の音(3/6版)

こちらが削った後の音(3/8版)

違いはパソコンのスピーカーでは微妙かもしれないが、鼻にかかったような感じがなくなり、抜けの良い音になった。

ただし、駒の位置は魂柱にかかるのはあんまりだという菊田さんの意見に従い、元に戻している(ボディー先端から駒の前縁まで197mm)ので、比較するなら駒を動かす前の音の方がいいかな?

こちらが元の位置の駒を削る前の音(2/27版)

駒を削った結果の音は、eagleと比較すると、よりブライトな音であるが、eagleは太く甘いトーンを狙って、裏を薄くしているので、これはこれでいいかも?

これで満足してしまったら、表板を剥がすモチベーションはなくなるな・・進歩のためには満足などしてはいけないのだ 笑

次のレッスンの時にでも、先生に意見を聞いてみよう。
スポンサーサイト



テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/03/08 17:12 】 | バイオリン製作(kity) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |