FC2ブログ
バイオリンの駒を削る
夜なべ仕事にバイオリンの駒を削った。
スクレーパーで少しずつ削っては測定しという地味な作業を続けていくのである。が、全体として駒に若干のゆがみがあったので、これを機会に、平面に置いた紙やすりを利用して、駒の裏面の平面出しをした。

これをやっても、駒の厚さ自体に低音側(G線側)と高音側(E線側)にかなり違いがあり、表からは結構大胆にスクレーパーを動かして修正してきたのであった。

スクレーパーでの削りは、当初の目論見どおり、1.2mmに狙って削るのだが、その前に、忘れずに電子レンジでチンしておくのだ。

駒を削る(kity)


セルロースの水分含有量を減らすことによって結晶化を進めるのが目的なのであるが、電子レンジの利用には諸説もろもろあって、絶対自然乾燥じゃなきゃいやだという人たちももちろんいる。

ゆっくり乾燥させたほうが、結晶は大きくなるのは化学の実験でやったとおりであるから、結晶が大きいほうが良いのであれば、電子レンジ乾燥を使うべきではない。

楽器の場合には、色々な文献を読む限り、セルロースの固定化が大切というように、考えられるので、それなら結晶の大きさはどうでも良いような気がするから、電子レンジが活躍するのである。

電子レンジで注意しなくてはいけないのは、細胞を壊したら何もならないということである。せばすちゃん氏は700W/20秒を薦めているが、私は170W/2分でやってみた。いずれにせよ、木がほんのり暖かくなる程度のことで、沸騰して蒸気を吐き出すほど電磁波をかけてはいけない。

前にホームセンターで入手しておいた、エゾ松であるが、魂柱として使うには同じように乾燥させておかなくてはいけないが、今のままだととても電子レンジに入る大きさではない(180cm)ので、しばらくはほったらかしで自然乾燥させる。
スポンサーサイト



テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/03/07 23:46 】 | バイオリン製作(kity) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
バイオリンの駒の厚さ
バイオリンの駒は、上部で約1.2mm厚程度にすると、ものの本には書いてある。当然、自作キットのeagleではこの厚さに調整しているが、kityはというと、まずはキットのまま組み立てすることを大前提に調整を進めているため、まだ未調整である。
明らかに見ただけで分かるほどkityの駒は厚いのだが、夜なので大きな音で弾くのははばかられるので、今日は、駒を計るだけにしてみた。

kity駒調整前


ノギスで測ると、E線の上部で2.1mmある。これは、当然ながら厚すぎであり、セットアップの次のフェーズでは「駒を削る」作業が必要になる。

駒の位置を動かして、鼻づまりのような音は少しはましにはなって、かなり明るい音になったkityであるが、eagleと弾き比べてみると、やはり音の抜けが足りない気がする。
駒を2.1mmから1.2mmに削ると、これまた音に大きな影響が出そうなので、削った後の音は楽しみである。

削る道具にはここでもスクレーパーが活躍するのである。
計画としては、まずは、厚さだけの調整にとどめて一度セットアップし、音を録音しようと考えている。

何しろ、スローハンドが私の得意技なのである。

その後、音の調子を見ながら、ベルのあたりのカーブや駒の下部のカーブの削りを調整するつもりである。

さて、どうなりますことやら・・・

備忘録:駒を削る前には、あらかじめ、電子レンジでチンしておくことを忘れずに♪

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/03/07 20:26 】 | バイオリン製作(kity) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
魔弓開眼・・・・するといいなぁ 笑
同じ楽器、同じ弓を使っても、先生の音と自分の音は大きく違っていることに衝撃を受けていた私は、原因は弓の使い方にあるだろうと、結論した (当たり前か)

弓の持ち方は、色々な本やネットの情報を調べても、先生に聞いても今ひとつピンとこない。
昨日、帰りの電車の中で、欲しい情報はなんだろうと、自分なりに整理してみたが、やはり、理系人間の私は、文学的な表現で言われても理解できないということがはっきりしたのである。

弓の重心がどこで、持つときの重量は、どの指に何パーセントかかるのかとか、弦に重さを乗せるときに人差し指にかける力はどうなっているのか、などなど、きっと私が知りたいのはこういった情報なのに、楽器の本では、こういった運動の理論的な説明がないのである。

仕方がないから、先生の音と自分の音の差から、理論的な原理を自分で推測してみる。

あれだけの音量を引き出すには、弓を十分に弦に押し付ける必要があるのは明らかであろう。その上で、右手の柔軟性を保っていなくてはいけなのだから、親指の位置を支点にして、人差し指と他の指でシーソーのようにバランスさせることで圧を変化させるのが、良さそうだ。

そうなると、他の指は弓を持ち上げる方の力を使うべきではないような・・・弓を重力から支えるのは全て親指にすると良さそうかな?

などと、自己流に持ち方の基本を整理してみた。

次のレッスンでは、この持ち方で問題がないかどうかチェックしてもらおう。

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/03/07 08:10 】 | バイオリン練習 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |