FC2ブログ
バイオリンニスの材料たち到着
手工芸の染物素材屋さんに発注していたニスの材料が届いた。

ニス材料


そのままでニスの樹脂として使うものと、アルコールに溶かして、ニスの色着けに使うものなどさまざまな材料たち。

ラック樹脂はシードラックかとおもったら、むしろスティックラックに近い感じである。いずれにせよ、すりつぶして溶かすので、関係ないといえばないのであるが、形が分かるように来るとは思ってなかったので、少しびっくり。

100g単位の販売なので、どれも量が多い。

特に、カテキューなんて、一本に数グラムあれば十分なので、100gもあれば山ほどバイオリンが塗れる(笑)

あまり高価なものでもない(ちなみに、この写真のようにゴチャゴチャ山ほど色々なものを買ったが、送料込み2590円だった)ので、買っても大したことはないけれど、自分でもニスを作ってみたいと思って欲しい人がいればお分けすることもできますよ。

ラベンダーオイルをどうしようかな・・・アロマテラピーの店なぞを見るとやたらと値段が高い。
ここは、日本らしく椿油か、菜種油でお茶をにごすという手もあるのでは・・・(にごしたお茶もニスの色付けに使ってもいいかも 笑)
続きを読む

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/03/09 23:10 】 | バイオリン製作(kity) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
テイルガットを調整
kityのテイルガットを調整した。
もともと、ちゃんと調整して組み上げればよかったのだが、kityの組み立てマニュアルには、テイルガットの調整方法などは一言も書いておらず(正確には、締め込み具合でテイルピースの位置を調整しますとは書いてあるが、どこに調整するのかが書かれていない)、「キットの指示通りにとりあえず組み上げてみる」実験のため(本当か?)そのまま組んだのであった。
テイルピースはA線のところで駒から枕まで約52mmとなるように調整するのが通常であるが、kityでは45mmとなっていた。

そこで、テイルガットの調整ねじを回し、テイルピースの位置を下げたのである。

テイルガット調整


前に、テイルガットの調整での音の変化は、駒を削るほどのものではないだろうと予測したが、音の変化はどうだろうかと、例によって録音している。

これが、調整前の音である。


これが、調整後の音である。

かなり微妙な音の違いなので、パソコンで再生すると違いの聞き取りは難しいかもしれないが、調整後の音は、音色に深みが出ている気がする。

駒を軽くしたことで、ブライトになったのであるが、テイルピースまでの距離が短いと、弦のこちら側の振動は弱くなる。そこで、硬めの音になっていたものと考えられる。
テイルガットを調整し、駒からテイルピースの枕までの距離を長くすると、駒が自由に動ける範囲が広がり、低音域まで鳴るようになるのかもしれない。

いくつかの調整を経て、kityは結構、いい感じになってきた(気がする ^^;)

分解前に行う調整で、音色に影響が出そうなものとしては、パーフリングチャネルの掘り込みがあり、これが次のステップになる。
が、掘り込みは後戻りできない工程である。一度失敗したらおしまいだ。・・・いい感じになってきたなら、このまま組んでしまってもいいのではという、後ろ向きの内なる声も大きくなりつつ、ニスの材料がそろうまでの間は苦悩するのだろう・・・

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/03/09 18:37 】 | バイオリン製作(kity) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
バイオリンマシンヘッド
バイオリンの調弦には、常々苦労しているのであるが、もうちょっとマシな方法はないものかなぁと、考えていた。
また、kityのフィッティングは黒塗り楓のため、これも音が十分満足できるものになったあかつきにはエボニーにしてあげたいと思ったりもするのである。

フィッティングセットは簡単に買えるのだが、問題は、ペグとペグ穴の調整である。これには、ペグシャープナーとペグリーマーを用いるのであるが、どちらも日本で買うとバカバカしく高い。ただのテーパーリーマーなら1000円もしないくせに、「バイオリン用」と名前が付くだけでその10倍以上の価格になってしまうのである。
違いは、テーパー角だけなのに・・・
鉛筆削りのようなペグシャープナーもかなりの高額であり、一台のバイオリンのために購入するのはナンセンスな感じである。

それでも、アメリカのショップでは、リーマーは日本よりはかなり安く手に入るものもあり、シャープナーは自作もできるので、アメリカから買うのがいいかもしれない。

アメリカから買うと聞くと、STEWMACを思い浮かべた人がいるかもしれないが、あそこは便利だけれど、物によっては結構値段が高い。

今回、見つけてきたショップは
International Violin Companyという店で、1933年創業だそうである。
名前からして、国際的な販売をしていそうではないか?

この店だとリーマーは$23から手に入る
もちろん、送料などかかるだろうが、日本では中々手に入らないもの(あれとか、これとか・・・)を合わせて買えばリーズナブルかもしれない・・

店のサイトを色々見ていたら、バイオリンマシンヘッドなるものを見つけた!


こんなのがあったら、実はペグリーマーもペグシャープナーも何も入らず、単にドリルで穴を開けるだけで済みそう?

でも、ちょっとかっこ悪いか・・

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/03/09 01:35 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
駒を削った効果 調整前・調整後
今日は、東京出張だったのだが、これから職場に出ても仕方のないくらいの時間になったので、午後直帰し、駒を削った後の音を録音してみた。

こちらが削る前の音(3/6版)

こちらが削った後の音(3/8版)

違いはパソコンのスピーカーでは微妙かもしれないが、鼻にかかったような感じがなくなり、抜けの良い音になった。

ただし、駒の位置は魂柱にかかるのはあんまりだという菊田さんの意見に従い、元に戻している(ボディー先端から駒の前縁まで197mm)ので、比較するなら駒を動かす前の音の方がいいかな?

こちらが元の位置の駒を削る前の音(2/27版)

駒を削った結果の音は、eagleと比較すると、よりブライトな音であるが、eagleは太く甘いトーンを狙って、裏を薄くしているので、これはこれでいいかも?

これで満足してしまったら、表板を剥がすモチベーションはなくなるな・・進歩のためには満足などしてはいけないのだ 笑

次のレッスンの時にでも、先生に意見を聞いてみよう。

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/03/08 17:12 】 | バイオリン製作(kity) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
バイオリンの駒を削る
夜なべ仕事にバイオリンの駒を削った。
スクレーパーで少しずつ削っては測定しという地味な作業を続けていくのである。が、全体として駒に若干のゆがみがあったので、これを機会に、平面に置いた紙やすりを利用して、駒の裏面の平面出しをした。

これをやっても、駒の厚さ自体に低音側(G線側)と高音側(E線側)にかなり違いがあり、表からは結構大胆にスクレーパーを動かして修正してきたのであった。

スクレーパーでの削りは、当初の目論見どおり、1.2mmに狙って削るのだが、その前に、忘れずに電子レンジでチンしておくのだ。

駒を削る(kity)


セルロースの水分含有量を減らすことによって結晶化を進めるのが目的なのであるが、電子レンジの利用には諸説もろもろあって、絶対自然乾燥じゃなきゃいやだという人たちももちろんいる。

ゆっくり乾燥させたほうが、結晶は大きくなるのは化学の実験でやったとおりであるから、結晶が大きいほうが良いのであれば、電子レンジ乾燥を使うべきではない。

楽器の場合には、色々な文献を読む限り、セルロースの固定化が大切というように、考えられるので、それなら結晶の大きさはどうでも良いような気がするから、電子レンジが活躍するのである。

電子レンジで注意しなくてはいけないのは、細胞を壊したら何もならないということである。せばすちゃん氏は700W/20秒を薦めているが、私は170W/2分でやってみた。いずれにせよ、木がほんのり暖かくなる程度のことで、沸騰して蒸気を吐き出すほど電磁波をかけてはいけない。

前にホームセンターで入手しておいた、エゾ松であるが、魂柱として使うには同じように乾燥させておかなくてはいけないが、今のままだととても電子レンジに入る大きさではない(180cm)ので、しばらくはほったらかしで自然乾燥させる。

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/03/07 23:46 】 | バイオリン製作(kity) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
バイオリンの駒の厚さ
バイオリンの駒は、上部で約1.2mm厚程度にすると、ものの本には書いてある。当然、自作キットのeagleではこの厚さに調整しているが、kityはというと、まずはキットのまま組み立てすることを大前提に調整を進めているため、まだ未調整である。
明らかに見ただけで分かるほどkityの駒は厚いのだが、夜なので大きな音で弾くのははばかられるので、今日は、駒を計るだけにしてみた。

kity駒調整前


ノギスで測ると、E線の上部で2.1mmある。これは、当然ながら厚すぎであり、セットアップの次のフェーズでは「駒を削る」作業が必要になる。

駒の位置を動かして、鼻づまりのような音は少しはましにはなって、かなり明るい音になったkityであるが、eagleと弾き比べてみると、やはり音の抜けが足りない気がする。
駒を2.1mmから1.2mmに削ると、これまた音に大きな影響が出そうなので、削った後の音は楽しみである。

削る道具にはここでもスクレーパーが活躍するのである。
計画としては、まずは、厚さだけの調整にとどめて一度セットアップし、音を録音しようと考えている。

何しろ、スローハンドが私の得意技なのである。

その後、音の調子を見ながら、ベルのあたりのカーブや駒の下部のカーブの削りを調整するつもりである。

さて、どうなりますことやら・・・

備忘録:駒を削る前には、あらかじめ、電子レンジでチンしておくことを忘れずに♪

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/03/07 20:26 】 | バイオリン製作(kity) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
魔弓開眼・・・・するといいなぁ 笑
同じ楽器、同じ弓を使っても、先生の音と自分の音は大きく違っていることに衝撃を受けていた私は、原因は弓の使い方にあるだろうと、結論した (当たり前か)

弓の持ち方は、色々な本やネットの情報を調べても、先生に聞いても今ひとつピンとこない。
昨日、帰りの電車の中で、欲しい情報はなんだろうと、自分なりに整理してみたが、やはり、理系人間の私は、文学的な表現で言われても理解できないということがはっきりしたのである。

弓の重心がどこで、持つときの重量は、どの指に何パーセントかかるのかとか、弦に重さを乗せるときに人差し指にかける力はどうなっているのか、などなど、きっと私が知りたいのはこういった情報なのに、楽器の本では、こういった運動の理論的な説明がないのである。

仕方がないから、先生の音と自分の音の差から、理論的な原理を自分で推測してみる。

あれだけの音量を引き出すには、弓を十分に弦に押し付ける必要があるのは明らかであろう。その上で、右手の柔軟性を保っていなくてはいけなのだから、親指の位置を支点にして、人差し指と他の指でシーソーのようにバランスさせることで圧を変化させるのが、良さそうだ。

そうなると、他の指は弓を持ち上げる方の力を使うべきではないような・・・弓を重力から支えるのは全て親指にすると良さそうかな?

などと、自己流に持ち方の基本を整理してみた。

次のレッスンでは、この持ち方で問題がないかどうかチェックしてもらおう。

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/03/07 08:10 】 | バイオリン練習 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
調整前・調整後 再び
今日は午後から東京で会議なので、直出することにして、午前中は家で仕事をしていたが、kityの音の比較のため、スケールデータを録音してみた。

こちらが駒を動かす前(2/27)のkityでのスケール

こちらが駒を後ろに下げた後(3/6)のkityでのスケール

駒を下げる前は若干こもった音になっているのが分かるかな~?

あ、もうこんな時間だ、お昼を食べるなら、出かけないと・・・

朝、練習できるかと思ったけど、甘かった・・と、いつだって、練習時間は十分に取れたためしがないのだ

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/03/06 11:30 】 | バイオリン製作(kity) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
3980円の高級バイオリン?
まったく、自分でもろくなもの見つけてこないと思うが、楽天で3980円で売られている高級バイオリン(?)だそうである。

初心者に最適なセットです卸販売もございます■高級バイオリン■

このバイオリン、kityと同じく、表板はスプルース、裏板はメープルの削り出し。さらに、弓、松脂、ハードケースまでつく。ただし、板は単板ではなく、合板の削り出しということだ。なんで、合板なのに、削り出しなのか、理解に苦しむが、もしかしたら、2枚の単板をはぎ合わせたことを合板といっているのかな?

通販の悲しさで、物を手にとって見られないのが、残念なところ。

誰か、人柱になって試してみませんか?

えっ?私? いや~、これ以上はさすがにバイオリンばかり増やすわけにはいきませ~ん。

(別のものならいいのか・・・)
続きを読む

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/03/06 07:43 】 | つれづれなるまま | コメント(9) | トラックバック(0) | page top↑
調整前・調整後
音質の調整のため、駒を少し後ろにずらしたkityであるが、音の比較のための調整前の音源として、先生に弾いていただいた、タイスを掲げ、調整後の音源は私が弾いた同じ曲で比較しようとしたのだが、当然ながら、無謀な試みであり、これでは何の比較をしているのか全然分からないのであった ^^;

そこで、自分の演奏同士の比較が出来るように、調整前に録音した曲に合わせて調整後の音を録音してみた。

曲目は、「前奏曲とアレグロ」の最初の部分である。


これが調整前のkityの音だ


こちらが調整後の音


さて、違いは分かるだろうか・・・

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/03/05 21:11 】 | バイオリン製作(kity) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
木を削る
6800円のバイオリンキットkityは駒の位置を動かしたり、弾き込んだりと調整中であるが、昨日せっかくスクレーパーの歯を買ったので、ちょっと使ってみよう。

とはいっても、調整が終了していないので、音に影響のある部分は触らずに、ネックの握りを削って変えてみる。
(こんなのは、kityだからやる気になるのであって、高い楽器を持っている良いコは自分で削ったりしてはいけません。)

スクレーパーというのは、要するに鉄板であり、木を引掻いて削る道具である。削るというと、ノミとかカンナとかを想像する人が多いだろうけれど、これらと違って、引掻くだけなので、わずかずつしか削れない。が、そのほうが、私のような素人にはいいのである。下手にたくさん削れると、失敗の確率はそれだけ高くなるというものだ。

ネックシェーピング


削っているところの写真である。昨日買ったスクレーパーの歯は四角なので、ネックのように凸の部分はそのまま使える。

ボディ内部のように滑らかに凹の部分だと、歯の角が邪魔をするので、グラインダーの出番となる。

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/03/05 07:52 】 | バイオリン製作(kity) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
ホームセンターへ行こう
マンドリンやkityに施すつもりのインレイ加工であるが、貝はすでに買ってあるのだが、インレイのキャビティに貝を貼り付けるのは、ギター系のリペアサイトの情報によると。ニカワではなく、エポキシ接着剤を使うのが常道であるらしい。

ということで、まだすぐにインレイ加工に手を出すわけではないが、接着剤を買いにホームセンターへ向かった。

といっても、一番近くで工具・雑貨類が豊富な店は100円ショップのダイソーなのである(笑)

残念ながら、ダイソーにはエポキシ接着剤がおいてなく、10kmほど離れた本当のホームセンターに移動し、接着剤を購入した。

こんなところまで来ることは珍しいので、ぐるっと店内を一周してみる。

木材のところに行くと、エゾ松の目の通った材(1820x30x12)が250円・・軽く叩くと軽い音がするから、スプルースの代わりに魂柱として利用可能かも?
杢の出ているメープルの板が400円と面白いものが見つかる。
杢のきれいなメープルは、裏板にも使えそうな大きさのもあったが、切り出しの木目がバイオリンと合わない。もったいないなぁ~

メールプルとエゾ松


ん?何で写真があるのかって、それは・・むにゃむにゃ・・・

そうそう、スクレーパーの歯も、気がつかないうちに削りすぎていたりしないように、もう少し小型で使いやすい形状のものが欲しいよなぁ~って、探してみると、さすがホームセンターちゃんとスクレーパーの替え刃だけ売っている。

スクレーパーとグラインダー


黄色のプラスチックケースに入って4枚セットで安価である。
ただ、正方形なので、形の仕上げが必要なのだ。

あれ?その後ろの機械はなんだろう??
フレキシブルシャフトルーター付きツインホビーグラインダーとか書いてある?

スクレーパーの替え刃のおまけかなぁ・・・・

などと、言っていても仕方ない^^;
そう、スクレーパーの歯を削りだすのに、ヤスリをドリルにつけようかと見ていたら、ルーター付きで5,000円のグラインダーがあったのだった。

インレイのキャビティ彫るのにルーターがあったほうが便利だし、ドリルにつけるヤスリは危なっかしいし、このグラインダーはめちゃコンパクトでテーブルの上にもおけるし・・・

と、理由は色々あって、なぜか増えていく我が家の品々。

でも、竜血樹は買いませんでしたよ~ エッヘン!
(何も威張れないって・・ ^^;)

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/03/04 23:34 】 | 機材 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
魂柱と駒の関係
バイオリンの音の調整は魂柱を動かして行うことはよく知られている。

魂柱と駒の相対的な位置関係と魂柱の表板上の場所が音の特性に大きく影響するのである。

6800円のバイオリンキットは魂柱がどうやら接着されているようで、魂柱の調整のためには一度分解する必要がありそうなのである。

まずは分解しなくても出来る範囲の調整をしてみようと、駒との相対位置の調整を試みる。前に書いたように、kityは音が中にこもった感じになっているので、魂柱と駒を近づけ、音がダイレクトに硬い楓の裏板に届くようにする必要がある。
魂柱を動かせないのであれば、駒を動かせば相対位置は変わる。
そこで、駒を少し後ろに下げてみた。

3月4日kityの音

結果、少し音がクリヤになった気がするが、どうだろうか・・

前の音は、先生にお願いして弾いてもらったものがあるので、これと比較してみると、・・・何が分かるのだろう・・・
(私の下手さが分かっただけでは仕方ないのだが 笑)

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/03/04 14:54 】 | バイオリン製作(kity) | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
竜血樹
日本では、バイオリンの赤い色の染料ドラゴンブラッドの樹脂は中々手に入らない。この樹脂はスペインのカナリー諸島に生息する竜血樹(ドラセナ・ドラコ)という植物の樹液を固めたものらしい。

竜血樹は樹齢数千年にも達し、20mほどにも成長するが、希少種であり、ドラゴンブラッドも高価なものになるらしい。

ということで、きっと、樹木から育てて、染料を入手しようという方々も多いに違いないと、調べてみると、通信販売でも苗は購入できるらしい。

ドラセナ・ドラコ

菊田さんによれば、200年ほど経てば、立派な樹液が取れるようになるだろうとのこと・・・

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/03/04 13:48 】 | バイオリン製作(kity) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
バイオリンのニス材料
自作バイオリンeagleはシェラックニスを使って色をつけたのだが、バイオリンのニスはさまざまな人たちが色々と工夫して調合していて、面白い。

バイオリンのニスには大別してアルコール系とオイル系があるのだけれど、自分で塗ることを考えるとアルコール系が便利な気がする。

それもあってシェラックニス(といっても、私のは安い未精製の床用塗料だが)を買って、バイオリンに塗っていた。

ものの本によると、アルコール系のニスは
・シードラック
・サンダラック(菊田さんのところのコメントには面白みを出すためにサンドラックと書いています 笑)
・コパール
などの樹脂をアルコールに溶かし、これに適宜発色のための
材料を入れるのである。
(赤の色はドラゴンブラッドだと菊田さんのページに書いてあった)

さて、であるが、楽器を販売しているところで、バイオリンのニスを探すととんでもなく高価である。私の床用シェラックニスは安価であるが、シェラックの色だけだと単調な感じなので、もう少しきれいな色を出すことを考えて、阿仙(カテキュー)などの黄金色っぽい色が出る染料を探していた。

すると、布を染める染料を扱っている店が検索にかかった。
この店で、必要な染料だけでなく、ラック樹脂(おそらく写真から見て、シードラック)も手に入るので、バイオリンのニス材料の多くが安価に入手できる。

こういったところをもっと活用しないといけないよね~

後は、植物系の樹脂であるサンダラックやコパールであるが、これらは最悪、松脂でも粉にして混ぜてもいいのだろう。
何しろ、ラック樹脂が硬すぎるのを押さえる役割としての混入であるから、多分、メイビー、パハップス、松脂でOKだと踏んでいる 笑

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/03/04 00:05 】 | バイオリン製作(kity) | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
ベルリンフィルハーモニー・ブラス・クインテット・コンサート
獨協大学で行われたコンサートに行ってきた。

これは、無料コンサートではがきによる抽選が行われたのだが、
よくまあ、当たったものだ。
しかも、ブロック指定の席は最前列を含む左側のBブロックで、
少し早めにいったので、最前列に座れた。

今年の運はこれで使い果たしたかも?

コンサートは、19時から2時間、休憩なしで行われ、21時に終了。
それから、速攻で家路についたのだが、我が家到着は0時半。
さすがに、草加は遠い~

演目は
・ガーシュイン・メドレー
・ワーグナー:エルザの大聖堂への行列
・バッハ:前奏曲とフーガ
・ビゼー:カルメン幻想曲
・カルヴァート:モントレジャン・ヒルズ組曲
・ビートルズ
・ワーグナー:ニュンベルグのマイスタージンガーより1幕前奏曲
・獨協ファンファーレ

であり、最初の2曲は高校の吹奏楽部メンバーとの合奏、
最後の2曲は大学の管弦楽団と一緒にオケ
ということで、クインテットの演奏はその間の曲目である。

オケは第一バイオリンが目の前で、弓の動きがよく見えたが、学生たちは
私の先生がいつも言うように、二の腕は動かさずに見事に弾いているなぁと
感心してみていたのだった。

アンコールはクインテットの歌と演奏で
地下鉄ポルカ
であった。これ、めちゃ面白い♪

地下鉄ポルカを含むCDがロビーで販売されていたが、
サインが入るわけでもなく、定価販売であった。
が、一応、記念に1枚買ってきた。



クリンゲン

クリンゲン

  • アーティスト: ベルリン・フィルハーモニー・ブラス・クインテット, シャイト, ハワース, ロッシーニ, バーグラー, ラートゲーバー, ベーツ, クレスポ
  • 出版社/メーカー: インディペンデントレーベル
  • 発売日: 2000/10/25
  • メディア: CD




曲としては、私はカルメンが好きで、あのトランペットは
かっこいいなぁ・・と思っていたのだった。

トランペットは、自分自身を楽器として音を出すのであるが、
私は1オクターブしか音が出せず、大抵の曲は吹けない。
練習すれば吹けるようになるのだろうけれど、前に
カラオケにペットを持ち込んで試した限り、ミュートをつけると
圧がかかるので、うまく音が出ないので、ミュートなしで
練習する必要がありそうだ。
が、ミュートなしでトランペットの練習なんて、いつやるのだ!
ということで、当分、トランペットは眠りについたままであろう・・・

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【2006/03/03 00:54 】 | コンサート | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
前ページ | ホーム |