FC2ブログ
クライスラーの曲を弾きたい
チャルダッシュに一区切りつけたときには、すでに2005年も真夏に入っていて、
気がつけば10ヶ月もバイオリンのレッスンを受けている。
子供だったら誕生しているほどの期間である。
その割りに、ちっとも満足に弾けてないというのは、どうしたものか。
(お前の練習が足りないんだろうという、あまりにも図星の指摘をしないように)

さて、先生とチャルダッシュの次の曲の相談をして、
クライスラーの「愛の喜び」をやりたいと言ったら、
「う~ん、難しいですよ、愛の悲しみではどうですか?」と提案され、
少しおとなしい曲だよなぁなんてことを思いながら、愛の悲しみをやることになった。

この曲、しっとりした曲ではあるのだが、私の大の苦手な付点を多用しているので、どうもリズムが取れないし、転調があるので、音程も怪しいと、始めてみると曲想からは想像できないほど大変なのだった。

そこで、自宅練習には新兵器電子ピアノのメトロノーム機能を導入し、精進に励む(というほど、練習しているわけではないが)。

リズムはしばらくしたら注意されることが少なくなった(先生があきらめた?)が、
音程は中々落ち着かない。
って、1年3ヶ月経っている今だって音程は落ち着かないのだから、
落ち着かないのが私の性格なのだ(ということにしておこう)

レッスンでやった曲は一通り録音しておこうと思い立ち、大急ぎで
録音を続けてきたが、このクライスラーの曲を録音したら網羅した
ことになる。

生バイオリンeagleでの録音はデジタルMTRのヘッドセットのマイクを
譜面台にくっつけてしていたが、何となく出力レベルが低い気がしたので
今回の録音はヘッドセットを自分につけて、楽器のすぐそばで音を
ひろうことにした。


こうすると、音は大きく録音されるが、弓のノイズもたっぷり録音されることには
気がつかなかったが、まぁ、いいことにしてもらおう。

えっ?弓を持っていないだろうって?
このとき、右手はデジカメを持っていたのだ。

2006.2.18録音 クライスラー:愛の悲しみ(eagle)

スポンサーサイト



テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/02/18 20:53 】 | バイオリンレッスン | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
チャルダッシュに挑むアダルトプレーヤー
モンティのチャルダッシュは私好みの曲である。
エキゾチックな始まりと、派手な中盤から終盤にかけての展開が心地よい。

バイオリンを始めて約半年経った2005年の5月、レッスンの課題として
自分から希望してこの曲をやりはじめ、3ヶ月くらいかけて教えてもらったのである。

かといって、完全に弾けるようになったわけではないのであるが、
大体OKといういつもながらのアバウトな完了の仕方をした(笑)

半年以上前なので教えてもらったことはすっかり記憶にはないが
レッスンでやった曲はなるべく録音して残しておこうと考え、録音してみた。

例によってやり直しが嫌いなので一発勝負の録音であるが・・・下手だなぁ・・・
ここまでついてこれる勇者はさすがにいないか(笑)?

2006.2.18録音 モンティ:チャルダッシュ(eagle)

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/02/18 16:43 】 | バイオリンレッスン | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
太平洋を渡るバイオリンキット
以前、StewartMacdonaldから購入(衝動買い)したF5マンドリンキットが押入れに入っている。これは、ショルダースクロールの作成方法を思いつかず、長期の乾燥を行うことに急遽予定変更となったものだった。

入れっぱなしにすると忘れ去られたまま数年は過ぎ去るだろうから、冬の乾燥した時期にエアコンの風にでも当てて、少しシーズニングを進めても良いかと、押入れの奥から引っ張り出してエアコンの下に持ってきた。

あ~、このキット、私のところに来なければ、今頃、立派に音を出していたかもしれないなぁ、などと、感慨深く眺めていると、ふと、異質なものに気がつく。



あれ?
マンドリンの左側にあるスクロールの付いたネックは何だ?

もしや、StewartMacdonaldで売っているバイオリンキットがサービスで付いてきたのか
(な、わけないだろう)。

はい、マンドリンキットを衝動買いしたときに、アメリカで売っているバイオリンキットはどんななのか、興味を押さえきれず、ボタンをクリックしてしまったのでした。

言い訳すると(今更)、ミネハラ(HOSCO)のバイオリンキットに悪戦苦闘の結果、ようやくそれなりのものに仕上がってホッとしていた時期、たまたませばすちゃん氏のページで同じキットで同じようなひどい目にあっているのを見つけたのであった。
マンドリンキットの購入を決めたときに、そういえばアメリカで売っているキットの品質はどうなんだろうという疑問がムクムクと湧き上がり、一緒に買えば送料はかからないぞという悪魔の声に逆らえなかったのであった。

マンドリンキットを何で購入したのかという話もあるのだが(笑)、こちらは、たっぷり余っているセラックニスの使い道という理由があって、輪廻は回るぐるぐると・・・

実は、このバイオリンキット、中国製で、パーツセットの袋には中国企業の名前までそのまま入っている。つまり、キットは太平洋を越えて、アメリカにわたり、ネットショッピングによって、再び太平洋を越えて私の手元に来たのである。
海峡を渡るバイオリンならず、太平洋を渡るバイオリンキットである。

今は、キットは乾燥中(笑)であり、すぐに触る計画はないのだが、そのうち、暇を見つけて、日米のバイオリンキットの比較をしてみたいと思う。

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/02/18 09:44 】 | バイオリン製作(eagle) | コメント(46) | トラックバック(0) | page top↑
バイオリンのレッスン記(2005年1月~)
過去のレッスンの途中から、前のブログに記録が残っている。

そこで、レッスン記はこちらを参照することにして、過去ログから
そろそろ決別しようではないか(誰に言っているんだか 笑)

組み込まれたエンジニア:バイオリンレッスン

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/02/18 09:44 】 | バイオリンレッスン | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |